プロフィール
Profile

勝又未来
Theory two Heart(セオリートゥーハート)代表
キャリアコンサルタント 1990年生まれ。お茶の水女子大学・大学院修了
facebook https://www.facebook.com/mikik0514
取得資格
  • 国家資格 キャリアコンサルタント(No.18034028)
  • 特定非営利活動法人 日本キャリア開発協会認定(No.CDA150634)
  • 心理カウンセラー
  • 学芸員
  • 図書館司書

経歴

・大学院修了→法律事務員(一般事務)→心理カウンセラー
・2016年より、心理カウンセラーとして活動開始。
・2018年より、Theory two Heartを主宰。国家資格キャリアコンサルタントを取得。
その人に合ったキャリア・バランス・進み方を、丁寧に考えフォローしていく姿勢に定評がある。
また「自分を知る」入り口として、オリジナルの診断を、第三者機関と提携のもと、実施している。
 

生い立ち

いままで

私がカウンセラーを目指したきっかけは、家族関係にあります。

両親ともに同族企業の、経営者一族。
特に父方は、日本を代表する大手自動車メーカーのディーラーです。

そんな家系に一人娘として生まれ、何不自由なく過ごしたはずなのですが
物心ついた頃から私には大きな不安がありました。

「社長であるお父さんの娘だから、私は大切にされるのだ。私自身には、何の価値もないんだ」
と、常に劣等感や無価値観に苛まれていたのです。

何とか、みんなが認めてくれる人間になろうと頑張ったのですが
どんなに頑張っても、たとえ成果を出したとしても、この心の穴が埋まることはありませんでした。

経営とは異なる道を歩めば少しは楽になるだろうかと、大学院まで西洋美術史を専門にしました。
その後、いろいろな巡り合わせで「自分が自分を理解すること」の大切さを知り、現在は心理カウンセラーの道を選んでいます。

※西洋美術史から心理カウンセラーへの方向転換については、こちらの記事をぜひご覧ください。

経験が繋がったとき、自信が芽生える
(noteの記事へとリンクされています。全5回)
 

いま

「カウンセラーは、いつも一緒にいられるわけではない。
カウンセラーがいない時でも、いつでも・どこでも、その人が、自分で自分の問題を解決し、心を元気にするためのツールがほしい」

これは、私がクライエント時代からずっと抱えていた不安と願望でした。

もちろん、専門家と一緒にいることで、効果が出ることはたくさんあります。
けれど、その人にいつも・最も寄り添うことができるのは、その人自身です。

だからこそ、自分がカウンセラーになったときには、必ずクライアントさん自身が気軽に行えるセルフワークを生み出したいと思っていました。

理論に基づく・簡単にできる・効果が実感できる「頭と心を整理するセルフワーク」を広めていく。

これが、私がカウンセラーとして最も大切にしている想いであり、信念です。
 

これから

未来への希望は、大きく2つあります。

1つめは、セルフワークを広めていくこと。これは、先ほど述べたとおりです。

もうひとつは、カウンセラーとしての自分の最終目標ですが経営者、特に同族企業の経営者やその家族を支えたい、ということです。

私自身、同族企業の一人娘として生まれ、自分も苦しいことはありました。
けれど、大人になるにつれて強く感じるのは、両親がどれだけ大きな責任を背負っていたか、ということです。

同族企業の場合、自分自身の意思で社長になることが選べるとは限りません。
本人が望まなくても、その道を選ばざるを得ないことも多いことでしょう。

私の父は、若くして多くの社員の方の生活・幸せを担うこととなりました。
その責任に耐えかねて、精神的に不安定な時期もありました。
父を支える母もまた、辛い表情を見せる時間が長くありました。

現在、私たち家族そして父の会社は、穏やかになっています。
けれどこれは、当たり前のことではなく、非常に幸運なことといえます。

経営者だから、同族企業だから、だからこそ初めて生まれる喜びもあれば、苦しみもあります。
そのような方たち、またその方たちを支えるご家族の方に向けて心の面から、何かサポートができるような存在
そういった方向に進んでいきたいと思っています。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
事業内容はこちら
ご予約・お問い合わせはこちら
お気軽にご連絡ください