「自分のことが、やっと分かりました。安心しました」 ②

前回の記事で
聡明で優秀な方が、けれど一方で、自分はとても繊細な性格なのだと腑に落ちた…というお話をしました。
→「自分のことが、やっと分かりました。安心しました」①

彼女に限らず
強くなろう、優秀でいよう、頑張ろう
そう一生懸命な方は
実は、繊細で傷つきやすいのかもしれない…
そんなことを、今日はお話ししたいと思います。

どうしてそんなに、聡明で優秀なの?
聡明な方ほど、頭ではいろいろなことを理解できます。
優秀な方ほど、もっとできる!と頑張ります。

一方で、その素晴らしい資質が
時として、「自分を大切にすること」と真逆の道を選ばせてしまうことがあります。

ここでひとつ、質問なのですが
あなたは、どうしてそんなに聡明で優秀なのでしょう?

頭でいろいろ理解できるのは
それだけ、たくさん考えてきたから。
つまり、たくさん、気づくセンサーを持っていたから。

頑張ることができるのは
それだけ、課題を自ら見つけてきたから。
つまりこれも、たくさんの気づくセンサーを持っていた、ということですよね。

気づくセンサーとは、感性です。
あなたは、感性が鋭い…すなわち繊細な人、ではありませんか?
「そうかも」と思ったときには
もし、少しでも「そうかも」と思うときがあったら
そして「自分に無理をさせちゃってるかも」と思ったら

ぜひ、ゆっくりお風呂に浸かったりして
自分を労わる時間をとってあげてくださいね。

どうか、自分を責めないように。
「そうかも」と、自分のことに気づけることが、まず何より素晴らしいのだと、私は思います。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました(*^^*)

関連記事

  1. 会話のなかで思い出す。「私、いっぱい身につけていたんですね!…

  2. 「これ、占いじゃないよ!新しい名前が必要だね!」

  3. キャリコン学科対策:マンツーマン勉強会

  4. 大きな夢を叶えるために必要なこと

  5. 「自分のことが、やっと分かりました。安心しました」①

  6. アセスメントツールの使い方